栃木セフレは新幹線に衝動的に乗った

栃木セフレになりたい
新幹線に衝動的に乗った
緑の窓の駅員が怖い顔
はいごめんなさい
栃木セフレはこの時に愚かです
なぜなら
もう仕方ない

確認したい

私は人間だと言う
確認したかった

愛とは
人になるために
人間になれなかったのは私ではなかった

そこ
何もなかった

元の場所に戻ったとき
あなたは私を海に転がします
人間ではない
海の底で
栃木セフレは半人間の妖怪でした
腐って行く
うみそもなし
全身

私を人間にさせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です